結婚控えた薬剤師…辞めるべき?それとも転職?

先日、結婚を控えている同じ薬剤師の友達からこんな質問をされました。 「これから結婚するわけだけど、離職と転職、どっちがいいと思う?」 さて、みなさんならこの質問、どんな風に返しますか?

私の場合はこう言いました。 「これからどうしていきたいのかによるんじゃない?」 そう、将来自分がどんな風になりたいのかによって、選択肢って変わっていくんです。 例えば完全な専業主婦になりたいっていうことであれば、もう離職でいいと思うわけです。 でももしも、まだ薬剤師の仕事を続けたいと思っているなら、私は転職がいいと答えました。 理由はブランク。 やっぱり一度やめてしまうと、やめてから復職するまでのブランクっていうのがネックになることが多いんです。職場のほうが「ブランクあってもいいよ」って言ってくれていても「本当に大丈夫かな」っていう心配や不安がストレスになってうまくいかないっていうこともあるんです。 だから、だったらアルバイトでも非常勤でもいいから、薬剤師の仕事を続けて、ある程度薬剤師の仕事の時代の変化なんかにもついていける環境にしておいたほうがいいんじゃないの?って思うわけです。

薬剤師の転職っていうのは結構しやすいものなんです。 特に地方にいけば、かなり薬剤師が不足していていつでも薬剤師の求人が出てるってこともよくある話です。 だから、アルバイトや非常勤、スポット(単発)の仕事も結構あるんですよね。 薬剤師って結構求められてる職ですから。

もしもあなたも結婚を控えた場合、自分のライフプランとよく相談したうえで離職するか転職するかを決めたほうがいいですよ。 安易に離職してしまって、あとから復職したいとなったときにブランクがネックになってしまうっていうのはとてももったいないです。 まずは自分のライフプランを練って、それから離職と転職の選択をしましょう。それがあなたにとっても、そして結婚相手にとってもいい選択になりますよ。もちろんライフプランを決めるときは、相手との相談も忘れずにね?

「漢方薬局」の薬剤師求人

Copyright (C) 2007-2013 [悩みで転職を考える薬剤師]. All Rights Reserved.